人に害を及ぼす害虫の生態を知る【害虫からの被害を防ぐ】

駆除用品の効果を知る

最も用いられている方法

ゴキブリ対策として以前から存在する駆除用品が、ホウ酸ダンゴです。ゴキブリが現れそうな個所にホウ酸ダンゴを置くことでゴキブリを駆除する対策法です。室内に侵入したゴキブリがホウ酸ダンゴを食べると、消化機能に作用し脱水症状を起こします。食べてすぐに効果が現れるのではなく、1日から3日ほどが必要です。水を求めて動き回るため水廻りで発見されることが多く、場合によっては水廻りで死骸となり発見される場合もあります。成長したゴキブリに効果はありますが、卵には効果がないというのが特徴です。

身体に害の少ない殺虫剤

現れたゴキブリを退治する駆除用品として、市販で販売されている殺虫剤が存在します。ゴキブリによく効く成分が含まれており、直接吹きかけることで動きを弱め呼吸を止めます。即効性があり持ち歩きが可能なため、ほとんどの家庭で用意されています。最近の殺虫剤は人への害を抑えた成分で作られています。殺虫剤と言ってもゴキブリに冷気を吹きかけ動きを止めるという作用となります。冷気が溶けると動いてしまう可能性がありますが、一般的な殺虫剤に含まれる成分が原因で使えないという人も安心して使えます。ゴキブリ殺虫剤を使い駆除する際は、水槽を避けて使いましょう。魚に害を与えてしまう成分が含まれているため、殺虫剤を撒くと魚が死んでしまう可能性があります。このように場所を選んで使うことも大切です。