人に害を及ぼす害虫の生態を知る【害虫からの被害を防ぐ】

赤ちゃんがいる家庭

嫌がるニオイで侵入を防ぐ

ゴキブリ対策で使用する殺虫剤は、赤ちゃんにとって刺激が強くなります。そのため、赤ちゃんに害のないゴキブリ対策を取る必要があります。そこで、赤ちゃんに害のないゴキブリ対策として取られているのが、ハーブを使ったゴキブリ対策です。ハーブにはゴキブリの動きや息を止める殺虫作用はありませんが、住宅への侵入を防ぐ効果があります。ハーブの香りはゴキブリにとって嫌な臭いと言われています。ゴキブリが侵入しそうな箇所にハーブを設置しておくことで、住宅内への侵入を防ぐ効果があるのです。特に効果があると言われているのが、ナツメグやメイスです。その逆で、ゴキブリを引き寄せやすいとされている香りが、甘い香りのするバニラやユーカリといったものです。ゴキブリの嫌がる香りを知って対策しましょう。

スパイス系を使って効果的に避ける

ゴキブリが嫌がるニオイは、ハーブエキスをより多く抽出させた種類が最も効果的だと言われています。香りを放つために抽出させたハーブは、ゴキブリが最も嫌がります。その抽出させたハーブの成分として存在しているのが、精油です。精油は天然ハーブで作られています。天然ハーブで匂いもハーブ独特な香りなのでゴキブリに効果的です。なかでもスパイス系はゴキブリ忌避剤として用いられています。室内での香りを楽しみながらゴキブリの侵入も防ぐ働きがあるのです。